TEAM YOSHIMURA チームヨシムラ ゴルフ クラブ 製造メーカー

接地面積の低減で、ライを選ばない強・高弾道を実現

ソールの接地面に幅2mm、深さ1mmの溝を、

飛球線方向に沿って5本配置することで、

接地面積を大幅に低減させることに成功しました。

これによって、クラブヘッドの抜けが格段に良くなり、フェアウエイは勿論、ラフやベアグランドなど、どんなライからでも高くて強いボールが打ち出せます。

さらに内部肉厚の変化をもたらす事により、快い打感を実現。




TEAM YOSHIMURA FACEBOOK